婦人科系疾患(卵巣のう腫、子宮筋腫、子宮脱等)

seiri

長期にわたる体の冷え、
差し込むような腹部の痛み、
仕事を休んだり、座り込むほどの強い生理痛、
月経過多(生理の時の出血や期間が多い、長い)、
月経前症候群(PMS)、生理異常、生理不順、
精神的ストレスなど、様々な要因が重なり、

婦人科系疾患は女性の心身ストレスの症状が出やすい場所といえます。

例えば卵巣のう腫などは、ほとんどの女性がその幼少期から、
小さな芽のような腫瘍になりうる細胞をもっていて、
それが成長と共になんかしらの心身的ストレスなどがきっかけで、
腫瘍として大きくなるかならないかの違いだそうです。

まさに「心と体のつながり」が、いちじるしく顕れるので、
心身両方の側面からの治療が有効です。

特に、鍼灸マッサージと共に、
びわの葉温灸を継続的にじっくりと、
当院や自宅にて行うことにより、
免疫力が向上し体質改善へとつながります。


ゆっくりとですが、たしかな効果を感じることができます。

患者様の声


「治療の後は、生理痛が和らぎます。」
  20代 会社員 女性

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ