一言で頭痛といってもいろんな種類があります。

片頭痛、筋緊張性頭痛、群発性頭痛が主ですが、中には、重篤な疾患のサインの場合もあります。
それぞれの頭痛についてご説明していきますね。

片頭痛:
原因不明のものや、遺伝的素因のものがあります。
目がちかちかするなど前兆があったり(ない場合もあります)、片側にドクドクと血管の拍動に合わせる様に痛みがズキンズキンします。
光や音に過敏になったり、吐き気や、嘔吐、カラダを動かすと痛みが増長するなどの症状が現れます。

起こったときは暗い部屋などで静かに過ごすようにしましょう。
いったん、頭痛発作が起こってしまうと改善には時間を要しますので普段からマッサージや鍼灸で筋肉をほぐすなどして予防することが大事です。

筋緊張性頭痛:
頸、頭周囲の筋肉が張ることにより、頭部を支配している神経を圧迫し頭痛が起こるのが特徴的です。
この頭痛は鍼灸マッサージが非常に有効です。

両側性で、締め付けられるような圧迫感を感じるのが特徴です。
歩いたり下を向いたりという動作による痛みの増減はあまり見られません。
ストレスも続きますと筋肉も緊張が続きますので、ストレスを上手に受け止めるようにしましょう。
また適度な運動と鍼灸マッサージで筋肉をやわらげて行きましょう。

群発性頭痛:
数週間~数ヶ月間毎日激しい頭痛が起こるのが特徴的です。

多くは片側で、目の奥から側頭部にかけての激しい痛みで、目の充血や、涙が出る、鼻が詰まる、鼻水が出るなどの自律神経の症状もあわせて出る方もいます。
痛む時間が概ね決まっている方が多いです。
毎日激しい痛みが続くので日常生活にも支障が出る方が多いです。
アルコールによる誘発や増長が言われていますので、この種類の頭痛の方はアルコールを控えるようにしましょう。

この様に頭痛といっても種類が多いので、いつ、どのような痛みが、どこに、どれくらいの期間起こるのか?詳しい情報を集めることで分類が出来てきます。
頭痛日記をつけてみるのも良いでしょう。

当院は頭痛でお悩みの方を対象に、鍼灸やマッサージを行っています。
お気軽にご相談してください。

あなたのお悩みはこんな症状ではありませんか?

・頭痛薬を頻繁に飲まないと日常の家事や仕事がこなせない

・月に1回は片頭痛発作を起こしてしまい、2,3日動けず辛い日々を過ごすしかない

・肩こりがきつくなると、頭痛を起こすが、こんなものだと我慢している

・この頭痛がなかったらもっとやりたいことをやれるのに・・・と頭痛のたびに思う

・頭痛はずっと続くものと感じている

当院では頭痛の種類によって施術が異なります

頭痛といっても痛み方も痛む部位もそれぞれです。
頭痛薬は痛みの感覚をブロックするだけなので、根本的には身体は良くなりません。
当院では東洋医学を基に、痛む部位や時間、痛み方などからあなたの身体の問題を見つけ出し、その問題部分にアプローチしていきます。

例えば

両側性にしめつけられるような緊張性頭痛の場合は『肝』や『胆』に問題があります。
施術としては肝や胆が『実』(エネルギー過多)であれば、押さえるような施術をしますし、『虚』(エネルギー不足)であれば、補うような施術を行います。
日常生活では肝の養生をお伝えします。例えば早く寝る、油の取りすぎに注意などです

偏頭痛で嘔吐などの症状がある場合、やはり、胃の不調が考えられます。
胃の経絡を調整して食事の中で気を付けるポイントを見つけていきます。

頭の後ろが痛む場合は『腎』『膀胱』に問題があります。
施術としてはそれらにアプローチして水分代謝の問題を日常生活でも気を付けていただくようアドバイスいたします。

頭痛は大事な不調のサイン

痛む部位によって身体の不調の具合も異なるのがお分かりになりますよね。
頭痛は身体の不調のサインの一つとして捉え、お身体を整えることが大事なのです。
身体は実はとても素直で、あなたがすごくがんばっていたとしたら、そろそろ限界だよ~~と伝えてくれるんですね。
そろそろ休憩する時間だよ~~ということです。

それを頭痛薬でごまかしてやり過ごしていくと、実際はもっと重い病気になる可能性さえあります。
それを予知して止めてくれる大事なサインだと受け取ってくださいね。

現代の女性は『仕事』『家事』『子育て』『介護』など本当に忙しいです。
頭痛くらいで休んでいられない、という思いで頑張っていらっしゃると思います。
でも、あなたが元気でイキイキと過ごすことが家族や周囲の人にとっても一番大事なことなのです。

当院ではあなたの頭痛の原因となっているお身体の状態をしっかりと判別し、それを良くしていく施術を行います。
お忙しい方にはおうちで行っていただけるお灸もお伝えいたします。
あなたの心からの笑顔のために全力でお手伝いいたします。

ぜひ一度ご相談ください。